Case Studies

Omoda

靴に対する情熱

オモダ社は、1875年に会社の創業者の祖父が馬による靴の宅配サービスを開始したことに始まり、何世代にもわたる靴屋としての経験があります。 1961年、ルーラス・ジャン・ヴァートン夫妻は2000年に「オモダ」としてブランド化されたビジネスを始めました。 現在では、プレミアムブランドシューズのオンライン小売業者として、世界的にそのブランドが認められるまで成長しました。

お客様のニーズ

コスト削減

人件費を削減する必要があり、パッケージサイズを小さくし、材料や輸送費を節約したいと考えていました。

無駄な空間をなくす

すべての靴箱に同じサイズの靴が入っているわけではありません。オモダ社の以前の梱包プロセスでは、出荷する梱包に最大50%の無駄な空間があり、持続可能性と輸送コストの両方に影響を与えていました。効率を高める方法を見つけることは非常に重要でした。

サスティナビリティの向上

すき間を少なくすることで、CO2 の排出を削減し、環境への取り組みを実証したいと考えていました。

箱を取り扱う際の改善

お客様が箱を開ける際には、カートンを簡単に開けることができ、簡単に閉じて返却できる梱包が望ましい改善でした。

Ranpak社のソリューション

最初の問い合わせから数日後の会議の後、Ranpak社はパッケージングのすき間を減らし、必要な持続可能性の改善を実現できる自動化ソリューションとしてCut’it!™ EVO を提案しました。 その機械は最新の梱包技術を使い、内容物の最も高いポイントを検知し、箱の角をその高さで自動的にカットし、そして接着剤が塗布されたふたをかぶせます。 これは梱包サイズが混在する場合の優れたソリューションです。

Ranpak社のサービスエンジニアは、最初の商業ベースのCut’it!™ EVO一台の販売と設置プロセス全体をサポートしました。 双方の成功への強いコミットメントにより、優れた仕事上の関係が生まれました。 オモダ社は2つの異なる高さのカートンを簡単に扱うことができるようになったほか、夏と冬でカートンの底面サイズの変更もできます。

  • Omoda packaging line with Ranpak automation machines

業績

より速い梱包プロセス

梱包ラインの速度の向上は明らかにコスト面でのメリットがありますが、同時にチームは、出荷の品質と返品の迅速な処理にさらに注力できるようになりました。

出荷効率の向上

オモダ社は、出荷される梱包内の無駄な空間を46%削減し、各トラックのスペースを25%節約しました。彼らの最終宅配業者もまた、改善の恩恵を受けています。

お客様の幸せ

この新しいプロセスは、オモダ社の顧客向けに提供する梱包について、サスティナビティと、真にプレミアムな「箱を開ける喜び」をご提供します。

お客様の声
  • “箱を製品に合わせることができるので、出荷効率が大幅に向上し、収益と環境への影響に大きな違いをもたらしています。”

    Jan Baan オモダ社 最高執行責任者

すべてはお客様のために

お客様、製品、業界に最適なソリューションを見つけるために。是非Ranpakにご相談ください。

重要 - 現在このウェブサイトを離れています

現在Ranpakのウェブサイトを離れています。お客様がアクセスするウェブサイトは、Ranpakおよび/またはその子会社が所有または運営するものではありません。第三者のウェブサイトに含まれるコンテンツ、製品および情報は、Ranpakおよび/またはその子会社が所有または管理するものではありません。したがって、Ranpakは、第三者、その製品またはサービス、そのウェブサイト、そのプライバシーポリシーまたは慣行、あるいは第三者のウェブサイトのコンテンツに関連する損害について、いかなる表明も行わず、保証も採用もせず、責任も負わないものとします。

ものづくりワールド東京 東1ホール E2-38 でお待ちしております

x
2024年6月19日(水)~21日(金) 東京ビッグサイト