循環型経済(サーキュラーエコノミー)とは

Blog Post

循環型経済とは、材料を使い捨てるのではなく、材料を再利用する経済のことです。クローズド型の製品ライフサイクルを作ることで、環境の観点から見た資源の持続可能性は高くなります。

循環型経済に関して(Ranpak’s Chief Sustainability Officer)(英語)

循環型経済の一部となっている製品の例

再利用可能な製品

循環型経済では、再利用を想定して製品が作られます。製品が再利用されれば、その製品に使用された原材料は廃棄されず、環境の外に出ることもありません。そして、新たな資源採取の需要も減少します。再生可能な資源を育むことで、全体的な資源消費の削減にも繋がります。

reusable product water bottle

例えば、再利用可能な水筒やストローなどがあります。ストローや飲料容器を洗って再利用すれば、廃棄される使い捨てボトルやストローが減ります。多くの製品を使う代わりに、1つの製品を長く使うのです。エコバッグも同様です。エコバッグを持参して何度も使用すれば、買い物をする際、使い捨てのレジ袋をもらわずに済みます。

reusable bags sustainable containers

リサイクル可能な製品

循環型経済のもう1つの特徴は、リサイクル可能な素材や再生素材の使用です。再利用できるものでも、いつか耐用年数に到達してしまいます。その際、埋め立てや焼却処分せずにリサイクルし、新しい製品の材料として使用するのです。再生原料から作られる製品には、飲料用のアルミ缶、再生ペットボトル、新聞紙、紙製のパッケージ、ガラス容器などがあります。

RecyCold recyclable cool packs Climaliner paper cold chain

堆肥化可能/生分解可能な製品

では、リサイクルされなかった製品は、どうなるのでしょう?環境に害を与えることなく分解され、環境に戻るのが理想的です。可能な限り自然の素材を使用することも、一助となります。サスティナブルな生分解可能素材には、キノコの包装(菌糸体)、竹製品、そしてRanpakの紙資材などがあります。

Circular economy product lifecycle

紙は、再生可能資源である木から作られます。きちんと管理された森林から収穫された木は、自然の土地に害を与えることなく、新たに植樹され再生します。FSC®(森林管理協議会)などの組織によって、サスティナブルな方法で収穫された森林製品を定義する基準が設けられており、これが再生可能な製品を識別する際に役立っています。このような基準は、野生生物と現地の地域社会の両方に配慮して設計されています。サスティナブルな森林から責任のある方法で材料を調達することは、RanpakのESGの取り組みの重要な一環です。

ESGがパッケージング(梱包)業界に与える影響

梱包に使用される紙は使用期間が短く、輸送中の消費財や工業製品を保護した後には捨てられてしまうのが一般的です。Ranpakの紙は、消費者が何かを包むのに再利用することも、リサイクルごみとして回収してもらうこともできます。紙はリサイクル率が高いため、Ranpakの紙は高い可能性で新しい紙製品として生まれ変わります。

paper packaging recycling cold chain

しかし、すべての梱包材がリサイクルされるわけではありません。そしてリサイクルされた紙繊維もいつかは使えなくなってしまいます。有機物である紙は自然に生分解されるため、紙は最終的には分解されて土に還ります。この生分解によって製品のループが閉じるため、Ranpakの紙はあらゆる意味で循環型製品と言えます。

直線型経済に代わる循環型経済が必要

なぜ循環型経済が必要であるかを説明するには、何をやめなければならないのかを考えると役立ちます。直線型経済とは、製品のライフサイクルの開始時点で原材料が収穫され、そのライフサイクルの終わりに廃棄されるというシステムです。たとえば、石油を採掘してプラスチックフィルムを作るとします。そのフィルムは、商品のラッピングに使われた後、ゴミ箱に捨てられます。そしてまた、石油の採掘からライフサイクルが始まります。直線型経済では、より多くの原料を使うことでしか価値創造を維持できません。そして、プラスチックのように、その原料の中に環境に有害な石油やガスが含まれていれば、環境にさらに有害な影響を与えることになります。

直線型経済が環境に及ぼす悪影響

直線型経済のもう1つの特徴は、製品が耐用年数を過ぎると捨てられてしまうことです。製品の製造に使われた材料は、それ以上は経済に貢献せず、再利用もリサイクルもされずに埋め立てられます。

microplastic pollution

化石燃料の採掘は今でも世界のプラスチック産業の原動力であり、マイクロプラスチック汚染は地球上のあらゆる環境に拡大しています。このような直線型経済の現状はサスティナブルではありません。環境と天然資源に大きな負担をかけないためには、より責任のあるシステムが必要です。

プラスチックではなく、紙資材を使用するメリット

直線型経済に代わるのが循環型経済です。再生可能な資源や再生素材を使用して再利用すれば、クローズド型のライフサイクルで環境への悪影響を回避することができます。最終的に再利用できなくなった資源は、安全かつ自然に生分解されます。資源の効率的な利用により、循環型経済はサスティナブルな消費に貢献するのです。

重要 - 現在このウェブサイトを離れています

現在Ranpakのウェブサイトを離れています。お客様がアクセスするウェブサイトは、Ranpakおよび/またはその子会社が所有または運営するものではありません。第三者のウェブサイトに含まれるコンテンツ、製品および情報は、Ranpakおよび/またはその子会社が所有または管理するものではありません。したがって、Ranpakは、第三者、その製品またはサービス、そのウェブサイト、そのプライバシーポリシーまたは慣行、あるいは第三者のウェブサイトのコンテンツに関連する損害について、いかなる表明も行わず、保証も採用もせず、責任も負わないものとします。

ものづくりワールド東京 東1ホール E2-38 でお待ちしております

x
2024年6月19日(水)~21日(金) 東京ビッグサイト