ESGがパッケージング(梱包)業界に与える影響

Blog Post

昨今の投資家は、かつてなくESGに注目しています。投資家は、投資先を検討する際、財務実績だけでなく、環境、社会、ガバナンスの各指標における企業の実績に目を向けています。このためESG情報を開示すること、そしてESG実績の改善を示すことが出来る企業は、ESG投資を重視する投資家に選ばれる可能性が大きくなります。

ESGの3つの柱とは?

ESGとは、Environment(環境)、Social(社会)、Governance(ガバナンス)の頭文字です。 

ESG基準では、さまざまな中核的なトピックと、それらのトピックに対する企業の実績が評価対象となります。サスティナビリティとは、企業が将来の世代の状況に悪影響を及ぼさずに事業を運営しているかを示すものです。企業は、さまざまなESG指標について自社の実績を開示するために、さまざまな報告体制を利用しています。理想的には、すべてのESG指標の実績を改善し続けることで、自社の事業が周囲の世界に与える影響を改善していくことができます。

環境

環境指標は、自然への悪影響を軽減するために、企業が講じる対応策に焦点を当てています。再生可能資源の利用を増やす、廃棄物を最小限に抑える、温室効果ガス排出を削減する、そして再利用あるいはリサイクル可能な製品を製造することで、企業は環境的サスティナビリティを向上させることができます。

社会

社会的指標は、投資家、従業員、コミュニティなど、企業が多くの関係者とどのような関係を築いているかに焦点を当てています。社会的指標には、ダイバーシティとインクルージョン、従業員に対する公正な報酬、慈善活動や地域への貢献などが含まれます。企業の社会的影響も、環境に及ぼす影響と同じく、公共の福祉の促進および維持という観点から注目されています。

ガバナンス

ガバナンスとは、汚職や外部からの不適切な影響を受けず、公正で良好な事業運営を行うための社内の取り組みです。たとえばガバナンス評価では、取締役会と経営陣はどのように連携しているか、企業が公正なルールを設定し遵守しているか、そのルールに違反するパートナーやサプライヤーを監視するプロセスは構築されているか、といった点に焦点を当てています。

ESGレポートについて

梱包関連企業は、ESGレポートを発行することで、ESG指標の進捗状況を共有することができます。

ESGレポートは、ESG指標に関連する事業の実績情報を含む文書です。このレポートは、多くの場合、年または半年ごとに発行されます。通常は、記載すべきESG指標を列挙した1つ以上の報告基準に沿って記載されています。

ESGレポートで報告される一般的な指標は次のとおり:

環境

  • 材料の調達
  • 水の使用
  • エネルギーの使用と温室効果ガスの排出
  • 危険な薬品を含む廃棄物管理

社会

  • ステークホルダーとその関係性
  • ダイバーシティとインクルージョンへの取り組み
  • 従業員の利益と報酬
  • 安全の取り組み

ガバナンス

  • 取締役会の構造
  • 経営と組織
  • 倫理と説明責任
  • リスク管理の実践

報告基準の例としては、GRI(地球的規模報告イニシアチブ)の基準などが挙げられます。SASBも報告基準を設定している組織の1つです。これらは、企業が利用できるチェックリストのようなものであり、そこで提供される情報は、他の組織が企業にスコアを付ける際に利用できます。透明性を高め、目標に向けた前向きな取り組みを継続することで、より良いスコアが見込まれます。

2019年の上場後、Ranpakは最初のESGレポートを発行しました。2020年には、レポートに加え、2030年に向けた環境目標もいくつか選定しました。3回目のレポートは2021年を対象としたものであり、これらの目標達成に向けた進捗状況が盛り込まれています。

RanpakのESGレポートは、当社のサスティナビリティの歩みを記録したものです。事業に関する重要な情報だけでなく、サスティナビリティの進捗状況もお伝えできる内容となっています。

ESGレポートに興味のある方は、こちらから2021年のレポートの全文をお読みください(英語版のみ)。

ESGが梱包に与える影響

梱包業界は環境に大きな影響を及ぼす業界の1つです。関連企業は、ESGの影響を将来に向けた基盤としてとらえる必要があります。

梱包業界にとって、ESGに真剣に取り組むべき理由があります。それは、プラスチック廃棄物全体の約半分を梱包由来のプラスチックごみが占めていることです。つまり、プラスチック廃棄物のうち、リサイクルされる割合が推定で5%未満であることを考えると、プラスチック梱包資材はプラスチック汚染の危機の大きな原因となっていると言えます。

化石燃料を原料とする使い捨てプラスチックの使用を制限すれば、環境を破壊する汚染を食い止めることができます。プラスチックの使用に賛同する人々は、プラスチックを真に循環可能な材料にする方法として、高度なリサイクルを挙げますが、現実はそれほど単純ではありません。実際、プラスチック梱包材の廃棄物の大部分は、リサイクルのインフラによる受け入れが困難であったり、あるいは非経済的であることから、技術的にはリサイクル可能であっても、リサイクルされていません。同様に、ケミカルリサイクルでは、プラスチック廃棄物を高温下で油に戻すことができますが、周辺の地域社会にとって害を及ぼす可能性のある物質が排出されてしまいます。

このような現実から、現時点では、生分解性かつリサイクル性が高い『紙』を使用した梱包が、使い捨てプラスチックの有効な代替策となっています。ただし、紙の原料は木から生産されるため、その木はサスティナブルな方法で管理されている森林から調達するよう注意を払う必要があります。そこでRanpakは、ESGへの取り組みの一環として、Forest Stewardship Councilの認証を受けた供給源からすべての紙を調達することを約束しています。

ESG実績を高めるために、梱包企業にできること

事業のフットプリント全体を把握するには、排出量、材料、そして事業自体の運営方法などに目を向ける必要があります。

梱包資材のサスティナビリティを高めるもう1つの方法は、リサイクル材料の使用を増やすことです。Ranpakは、2020年のESGレポートにおいて、紙の総供給量の25%以上をリサイクル材料または代替材料(草など)から調達することを約束しています。家庭からリサイクルされた材料から生産した紙の供給量を増やすことで、梱包業界を循環経済に組み込むことができます。

製品の梱包に使用される梱包材料の評価は、ESGへの取り組みの1つ要素に過ぎません。企業は、二酸化炭素排出量、資源の使用量、施設内で使用される水および電気の量にも目を向ける必要があります。また、安全かつ公平で居心地の良い職場環境の構築や、透明性の高い事業の運営対策もESGには含まれています。

梱包業界には、ESGの流れに加わる大きな機会と責任があります。eコマースとグローバルな商取引により、消費者がインターネットで商品を購入することが増えています。梱包が循環型経済の一部となることの重要性が、ますます高まっているのです。

重要 - 現在このウェブサイトを離れています

現在Ranpakのウェブサイトを離れています。お客様がアクセスするウェブサイトは、Ranpakおよび/またはその子会社が所有または運営するものではありません。第三者のウェブサイトに含まれるコンテンツ、製品および情報は、Ranpakおよび/またはその子会社が所有または管理するものではありません。したがって、Ranpakは、第三者、その製品またはサービス、そのウェブサイト、そのプライバシーポリシーまたは慣行、あるいは第三者のウェブサイトのコンテンツに関連する損害について、いかなる表明も行わず、保証も採用もせず、責任も負わないものとします。

ものづくりワールド東京 東1ホール E2-38 でお待ちしております

x
2024年6月19日(水)~21日(金) 東京ビッグサイト