2,700万ポンドのプラスチック汚染を除去? ゾウの大群に相当する重さです!

Blog Post

Ranpakは、1972年の創業以来、再生可能かつ生分解可能な資源であり、リサイクル性にも優れた紙を原料とする梱包を開発してきました。私たちは、サプライチェーンにおける使い捨てプラスチックを、環境的にサスティナブルな紙資材に置き換えることで、プラスチック汚染の危機を解消し、Deliver a Better World®を実現できると信じています。

なぜ使い捨てプラスチックの梱包をやめる必要があるのか?

それは、製品の梱包にわずか数日間使われたプラスチックは、分解されるまでに何百年もかかるからです。しかもプラスチックはマイクロプラスチックという小さな粒子になり、深海から極地の氷まで汚染することが分かっています。

2021年には、およそ100億個のプラスチック製エア緩衝材に代わってRanpakのすき間埋め製品が使用されました。これは、約2,700万ポンド(12,247メートルトン)のプラスチックに相当します。Ranpakは、eコマースの梱包用としてよりサスティナブルな代替品を消費者に提供できていること、そして自社の紙製品がこのように目に見える変化をもたらしていることを誇りに思っています。2,700万ポンドという重さを動物の重さで考えてみました。以下のイラストをご覧ください。

重要 - 現在このウェブサイトを離れています

現在Ranpakのウェブサイトを離れています。お客様がアクセスするウェブサイトは、Ranpakおよび/またはその子会社が所有または運営するものではありません。第三者のウェブサイトに含まれるコンテンツ、製品および情報は、Ranpakおよび/またはその子会社が所有または管理するものではありません。したがって、Ranpakは、第三者、その製品またはサービス、そのウェブサイト、そのプライバシーポリシーまたは慣行、あるいは第三者のウェブサイトのコンテンツに関連する損害について、いかなる表明も行わず、保証も採用もせず、責任も負わないものとします。

ものづくりワールド東京 東1ホール E2-38 でお待ちしております

x
2024年6月19日(水)~21日(金) 東京ビッグサイト