2024年、持続可能な梱包はeコマース戦略を変化させる

サステナビリティへの対応は、顧客による商品の価値評価に影響を及ぼします

消費者は、サスティナブルな梱包に対して、より多く支出することに前向きだと広く報道されています。実際、Triviumの「2023 Buying Green Report」によると、回答者全体の82%がサスティナブルな梱包にもっと支出してもいい、と答えています。そして、Eコマース事業を拡大中のブランドにとって重要な年齢層である18~24歳の回答では、この数字は90%に上ります。

梱包資材の品質は、顧客が自身の購入行動を考える上でも、大きな影響を与えます。eコマースでは、商品を出荷する箱が、顧客が荷物を受けたときに最初に目にするものになります。そして、顧客がその購入に対してどのような印象を持つかは、箱を開ける瞬間が重要です。新しい買い物をしたという興奮の源である認知感覚を、ブランドでカスタマイズされた箱や開けやすい工夫などで構築することは強力なツールとなり、リピートオーダーにも繋がります。

サスティナブルな梱包について

サスティナビリティは、ブランドのアイデンティティの重要な構成要素です

サスティナビリティは、多くのeコマース企業のブランドストーリーの一部となっています。顧客は、自分のお気に入りのブランド企業が、気候と環境のための役割を果たしていること、倫理的かつサスティナブルな方法で資材を調達していること、そして次世代のための地球保護に取り組んでいることを知りたいと思っています。

サプライチェーンのうち、最終顧客と接することのない部分であっても、組織のサスティナビリティのフットプリントに影響を与えます。例えば、製造センターから流通業者に商品を出荷するために大量のプラスチックを使用することは、梱包資材の循環性と出荷時の温室効果ガス排出量に影響し、ブランドのESG実績を悪化させる可能性があります。

2024年、eコマースブランドは梱包に関してどのような機能を求めているのか

eコマースの重要性は今後も継続して高まる見込みで、EMERGEN Researchは2023年から2032年のCAGR(年平均成長率)を14%、2032年の推定売上高を53兆2700億米ドルと予測しています。eコマースブランドがこの成長の波に乗るためには、梱包品質とサスティナビリティに関する消費者の懸念とコストのバランスを取りながら、梱包に細心の注意を払う必要があります。ここでは、2024年の課題となると思われる分野をいくつかご紹介します。

箱サイズの最適化は、ブランド企業による商品への配慮のサインとみなされています

開梱した際、箱の中に過剰なすき間がないことは、より良い印象を与える要因の1つとなります。また、商品が適切に扱われていることを実証する上でも重要です。箱の中にすき間が多くある場合、緩衝資材の使用量増加に加え、寸法またはDIM重量とも呼ばれる体積の増加に伴い、出荷費用が上昇するなど、無駄な支出を生むことになります。さらに、大きすぎる箱は、輸送時にトラック内で不必要なスペースを占めることになり、適切なサイズの箱で輸送する時と比較すると、より多くの温暖化ガスを排出するなど、環境負荷が高くなります。

箱の高さを調整し、箱サイズの最適化する自動化ソリューションについて

簡単な開梱は、顧客体験において重要な要素の1つです

開封テープやジッパーといった、開梱を容易にする工夫が施されていない箱は、刃物で開けるか、あるいは破いて開ける必要があります。また、テープで密封された箱は、配達される過程で不正に開封されたかどうかの判別が難しく、商品の紛失のリスクがあります。ジッパー機能のある箱、刃物などのツールを必要とせず、簡単に開封できるため、顧客の開梱プロセスが改善されます。

簡単な返品プロセスの構築も重要です

開封時に箱が破損した場合、顧客は返品したい商品があっても、返送が困難になってしまいます。この不便さの経験は、顧客による将来的なリピートオーダーに悪影響を与えかねません。一方、返品プロセスが好ましいものであれば、ブランドに対してより良い印象を持つことに繋がるでしょう。

eコマース企業が、簡単に返品できる箱の採用に関心を持つべき、もう1つの理由があります。「ブラケティング」とは、買い物客が同じ商品をサイズ違いや色違いで複数購入し、どれが自分に似合うかを判断してから残りを返品することです。返品プロセスを容易にすることは、ブラケティングに伴う在庫ロスの一部に対処するのに役立ちます。また、最良のシナリオでは、一度に1つの商品を注文しても誤ったサイズが届く心配がないことを消費者に納得させることができます。もちろん、すべての返品を避けることは不可能で、特にホリデーシーズンのような繁忙期には返品は避けられません。

特に高価なeコマース注文の場合、商品の保護は重要な考慮事項です

消費者に商品を発送する際の重要な考慮事項の1つは、商品が破損しないで配達されることです。これは、高価なラグジュアリー品である場合は、さらに重要となります。ブランドは、よりサスティナブルな梱包方法を模索しながらも、自社商品の脆弱性にも目を向ける必要があります。例えば、商品が十分に保護されていない状態で、垂直方向に落とされてしまった場合、甚大な被害を被る可能性があります。一方、ハードカバーの本のような商品は、落下時でも破損はしにくいですが、角の部分をきちんと保護する必要があります。

紙は、プラスチックに代わる理想的な保護資材です。サスティナブルかつリサイクルしやすい循環型の資材でありながら、ダンネージ、緩衝材、包装材として商品をしっかり保護します。Ranpakの紙梱包ソリューションは、一般的なプラスチック製のエアー緩衝材、現場発泡ポリウレタン、気泡緩衝材などを100%リサイクル可能な紙に置き換え、「Deliver a Better World®(より良い世界を届ける)」ことに貢献します。

紙とプラスチックの違いについて

重要 - 現在このウェブサイトを離れています

現在Ranpakのウェブサイトを離れています。お客様がアクセスするウェブサイトは、Ranpakおよび/またはその子会社が所有または運営するものではありません。第三者のウェブサイトに含まれるコンテンツ、製品および情報は、Ranpakおよび/またはその子会社が所有または管理するものではありません。したがって、Ranpakは、第三者、その製品またはサービス、そのウェブサイト、そのプライバシーポリシーまたは慣行、あるいは第三者のウェブサイトのコンテンツに関連する損害について、いかなる表明も行わず、保証も採用もせず、責任も負わないものとします。

ものづくりワールド東京 東1ホール E2-38 でお待ちしております

x
2024年6月19日(水)~21日(金) 東京ビッグサイト