紙が梱包を変える:気泡緩衝材から紙資材へのシフトが進んでいる理由

Blog Post

引っ越しの荷物を包んだり、新しく買った商品を箱から出したり、消費者は何らかの形でプラスチックの気泡緩衝材に触れたことがあるでしょう。つぶすのは楽しいかもしれませんが、これらのプラスチック系緩衝材は、環境配慮の観点において、何らかの対策が必要になっています。世界でeコマース取引が拡大し、プラスチック汚染の可能性が高まっている今こそ、気泡緩衝材から紙資材へのシフトを実行する時です。

用途によっては、プラスチックの代替品を探すのが難しい場合もあります。しかしながら、気泡緩衝材においては、企業や消費者が容易に利用できる、サスティナブルな代替品が存在します。包装ソリューション「Geami」は、100%リサイクル可能なサスティナブルな紙でできているという利点に加え、気泡緩衝材の長所も持ち合わせています。

包装ソリューションを必要とする商品の特定

包装は、梱包においていくつかの重要な役割を果たしています。

  • 傷や表面の破損からの保護
  • 箱の中での固定と、衝撃からの保護
  • 二次梱包の保護
  • 開梱体験の向上

「包装」と「すき間埋め」の異なる点は、商品の表面保護の程度であり、包装(ラッピング)材は、商品の表面全体を確実に覆うために使用されます。

すき間埋めは、商品が箱の中で動かないよう所定の位置に固定することで、衝撃を和らげるのに非常に優れています。そして、さらに商品の表面を傷や欠けなどから保護する必要がある場合には、包装材を使用します。

壊れやすい商品は高価であることが多いため、包装による保護が特に望まれます。

  • 電子機器
  • 陶磁器・陶器
  • ハンドメイド品やコレクター品
  • アンティーク

気泡緩衝材を紙資材に置き換える理由

貴重品を包装する方法として、プラスチックの気泡緩衝材を最初に思いつく方は多いと思います。しかし、よりサスティナブルな紙資材に置き換えるべき理由があります。

geami wrapped products

プラスチックの気泡緩衝材市場は拡大しています

MarketWatchは、プラスチック製気泡緩衝材の市場は、国際貿易とeコマースの拡大により、2023年から2030年までCAGR(年間平均成長率)で毎年4.8%成長すると予測しています。

使い捨てプラスチックに頼らずとも、ビジネスを成長させることはできます。よりサスティナブルな紙梱包資材に方向転換しない限り、早ければ2050年までに、海には魚よりもプラスチックの方が多くなってしまうおそれがあります。

プラスチックの気泡緩衝材による貴重品へのダメージリスク

geami ready roll wrap used to protect glass antiques

皮肉なことに、人々が保護したいと思っている商品にプラスチックの気泡緩衝材を使うことで、逆に傷つけてしまう場合があります。特に骨董品や美術品は、プラスチックの気泡部分に長時間触れることでダメージを受けてしまい、模様のような痕が残ってしまうことがあります。

このダメージは、可塑剤を含む軟質プラスチックの化学組成によるものと科学的に説明できます。可塑剤は、特定の金属、塗料、またはニスに接触すると溶剤として作用し、外観を劣化させる損傷を引き起こす可能性があるのです。

Geamiは、紙の持続可能性の利点と気泡の保護機能の両方を備えており、貴重品の出荷におけるプラスチックの気泡緩衝材の代替品として理想的なソリューションです。

プラスチックの気泡緩衝材ロールとは異なり、紙の保管は省スペース

プラスチックの気泡緩衝材ロールは、エアーポケットがなければ、ただの薄いプラスチックシートです。そのため、気泡は製造中に生成され、厚みのあるロールとして出荷されます。軽量ではありますが、気泡で膨らんでいるため、かなりのスペースを占有します。

一方、場所をとらずに保管して出荷できることも、Geami紙の大きな特長です。Geamiの切り込みの入った紙の表面は、紙を引っ張って伸ばすと、ハチの巣のような形に展開します。つまり、平らな状態で保管して、使用する際に展開させることができます。空気を入れる必要もありません。場所を取らないGeami紙は1パレット分(5,880平方メートルをカバー)は、なんとプラスチックの気泡緩衝材9.8パレット分に相当するのです。

Geamiによる梱包には、刃物やテープは不要

Geamiのハニカム構造は、テープを使わずにしっかりと包むことができるように設計されています。ハサミや刃物をわざわざ用意しなくても、手で簡単に切ることができます。Geamiのプロセスは、プラスチックの気泡緩衝材をハサミでカットしてテープを貼るというプロセスに比べ、安全でエルゴノミクス(人間工学)に沿った体への負担が少ないプロセスと言えます。また、梱包スピードも、最大3倍に向上(弊社検証結果)するため、より多くの商品の出荷が可能となります。

紙の優れた保護性能

気泡緩衝材が最も保護性能に優れているとお考えの方は、実際少なくありません。しかし、実際Ranpakの梱包技術者が一般的な落下と同じ状況で検証したところ、Geami紙はプラスチックの気泡包装材と比較して、最大60%保護性能が優れているという結果が出ました。

紙資材へのシフトで、安全な梱包環境、プロセススピードの向上、そして優れた保護性能による破損リスクの回避が見込めます。今こそ、気泡緩衝材から紙資材へのシフトを実行する時です。

重要 - 現在このウェブサイトを離れています

現在Ranpakのウェブサイトを離れています。お客様がアクセスするウェブサイトは、Ranpakおよび/またはその子会社が所有または運営するものではありません。第三者のウェブサイトに含まれるコンテンツ、製品および情報は、Ranpakおよび/またはその子会社が所有または管理するものではありません。したがって、Ranpakは、第三者、その製品またはサービス、そのウェブサイト、そのプライバシーポリシーまたは慣行、あるいは第三者のウェブサイトのコンテンツに関連する損害について、いかなる表明も行わず、保証も採用もせず、責任も負わないものとします。

ものづくりワールド東京 東1ホール E2-38 でお待ちしております

x
2024年6月19日(水)~21日(金) 東京ビッグサイト